C#

Windows端末上でC#の開発環境を作成してみた

Windows端末上でC#の開発環境を作成するには、マイクロソフト社が提供している「Visual Studio」を利用するとよい。

今回は、Windows端末上でC#の開発環境を作成して、文字列を表示するC#アプリケーションを作成してみたので、その手順を共有する。

やってみたこと

  1. Visual Studioのインストール
  2. C#アプリケーションの作成

Visual Studioのインストール

Visual Studioのインストーラが無い場合は、以下のサイトから、「Visual Studio コミュニティ」をダウンロードする。

https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/
Visual Studioのインストール_URL

ただ、私の端末上では「Visual Studio Installer」がインストール済なので、これを利用するものとする。

1) スタートメニューから「Visual Studio Installer」を選択する。
Visual Studioのインストール_1

2)「使用可能」タブを選択後、「Visual Studio Community 2022」の「インストール」ボタンを押下する。
Visual Studioのインストール_2

3) 以下のダイアログが表示された場合は、「更新」ボタンを押下する。
Visual Studioのインストール_3

4)「.NET デスクトップ開発」を選択し、「インストール」ボタンを押下する。
Visual Studioのインストール_4

5) ダウンロード・インストールが進行中の画面表示例は、以下の通り。
Visual Studioのインストール_5

6) ダウンロード・インストールが完了すると、以下のダイアログが表示されるため、「OK」ボタンを押下する。
Visual Studioのインストール_6

7)「×」ボタンを押下し画面を閉じた後で、PCを再起動する。
Visual Studioのインストール_7

8) スタートメニューから「Visual Studio 2022」を選択する。
Visual Studioのインストール_8

9)「サインイン」ボタンを押下する。
Visual Studioのインストール_9

10) Microsoftのログインアカウントを入力し、「次へ」ボタンを押下する。
Visual Studioのインストール_10

11) Microsoftのログインパスワードを入力し、「サインイン」ボタンを押下する。
Visual Studioのインストール_11

12) 以下のように、Visual Studioのホーム画面が起動されることが確認できる。
Visual Studioのインストール_12



「FlexClip」はテンプレートとして利用できる動画・画像・音楽などが充実した動画編集ツールだったテンプレートとして利用できるテキスト・動画・画像・音楽など(いずれも著作権フリー)が充実している動画編集ツールの一つに、「FlexCli...

C#アプリケーションの作成

C#アプリケーションは、新しいプロジェクトを作成し、テンプレートに「C#コンソールアプリ」を指定することで作成できる。その手順は、以下の通り。

1) Visual Studioのホーム画面で「新しいプロジェクトの作成」を押下する。
C#アプリケーションの作成_1

2)「C# コンソールアプリ」を選択した状態で、「次へ」ボタンを押下する。
C#アプリケーションの作成_2

3) プロジェクト名を変更後、「次へ」ボタンを押下する。
C#アプリケーションの作成_3

4) フレームワークはそのままで、「作成」ボタンを押下する。
C#アプリケーションの作成_4

5) プロジェクト作成中の画面は、以下の通り。
C#アプリケーションの作成_5

6) プロジェクトの作成が完了すると、以下の画面が表示される。
C#アプリケーションの作成_6

7) 作成したプロジェクトの「実行」ボタンを押下する。
C#アプリケーションの作成_7

8) プログラムが実行され、「Microsoft Visual Studio デバッグ コンソール」に、Console.WriteLineメソッド内で指定した「Hello World!」が出力されることが確認できる。
C#アプリケーションの作成_8

なお、「Microsoft Visual Studio デバッグ コンソール」上で任意のキーを押下すると、この画面が閉じることが確認できる。

9) Visual Studioを閉じた後で再度開くと、以下の画面が表示されるため、作成したサンプルプログラム「SampleApp.sln」を選択する。
C#アプリケーションの作成_9

10) 以下のように、サンプルプログラム「SampleApp.sln」のプログラムが表示されることが確認できる。
C#アプリケーションの作成_10

11) プログラムを以下のように修正した場合も、同じように、コンソール上に「Hello World!」と表示されることが確認できる。
C#アプリケーションの作成_11_1

<実行結果>
C#アプリケーションの作成_11_2

12) ソースコードのパスは、以下のように、「Program.cs」を選択後「完全パス」で確認できる。
C#アプリケーションの作成_12

13) ソースコードの実物を確認した結果は、以下の通り。
C#アプリケーションの作成_13_1

C#アプリケーションの作成_13_2

要点まとめ

  • Windows端末上でC#の開発環境を作成するには、マイクロソフト社が提供している「Visual Studio」を利用するとよい。