Azure

Azure Functions上でSpring Bootを利用したJavaアプリケーションを作成してみた

前回は、Azure Potal上でAzure Functionsを作成してみたが、今回は、前回作成したAzure FunctionsにSpring Bootを利用したJavaアプリケーションを配置してみたので、その手順を共有する。

前提条件

下記記事に従ってAzure上でFunctionsを作成済であること。

Azure Potal上でAzure Functionsを作成してみたAzureが提供するサービスに、さまざまなイベントによって駆動し、サーバーの構築や保守をすることなくプログラムを実行できる「Azure ...

また、下記記事に従って、STSをダウンロード済であること。

STSインストール_1
STS(Spring Tool Suite)をWindows端末上にダウンロードしてみたSpring BootアプリケーションをEclipse上で開発するには、Spring用のプラグインを同梱した「STS(Spring To...

さらに、下記サイトの内容に従って、Apache Mavenをダウンロード済であること。
https://qiita.com/Junichi_M_/items/20daee936cd0c03c3115

また、下記サイトの内容に従って、Azure CLIをインストール済であること。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/cli/azure/install-azure-cli-windows?tabs=azure-cli

さらに、下記サイトの「Azure Functions Core Tools のインストール」が完了していること。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-functions/functions-run-local?tabs=windows%2Ccsharp%2Cbash

やってみたこと

  1. Mavenプロジェクトの作成
  2. Spring Bootを利用したJavaアプリケーションの作成
  3. Spring Bootを利用したJavaアプリケーションのローカル環境での実行
  4. Azure FunctionsへのSpring Bootを利用したJavaアプリケーションのデプロイ

Mavenプロジェクトの作成

Azure Functions上で動作する、Spring Bootを利用したJavaアプリケーションを作成するには、まずは空のMavenプロジェクトを作成する。その手順は以下の通り。

1) STSを起動し、ファイルメニューの「新規」から「プロジェクト」を選択する。
Mavenプロジェクトの作成_1

2)「Mavenプロジェクト」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。
Mavenプロジェクトの作成_2

3)「シンプルなプロジェクトの作成」にチェックを入れ、「次へ」ボタンを押下する。
Mavenプロジェクトの作成_3

4) グループID、アーティファクトIDを指定し、「完了」ボタンを押下する。
Mavenプロジェクトの作成_4

5) しばらく待つと空のMavenプロジェクトの作成が完了し、以下のようなプログラム構成になる。
Mavenプロジェクトの作成_5

また、作成後の「pom.xml」の内容は以下の通り。



Spring Bootを利用したJavaアプリケーションの作成

作成した空のMavenプロジェクトに、Azure Functionsにデプロイ(配置)するための、Spring Bootを利用したJavaアプリケーションを作成する。

作成後のプログラム構成は以下の通り。なお、赤枠は追加・変更したプログラムである。
Springアプリケーションの作成

なお、サンプルプログラムの内容は、以下のサイトを参照している。
https://github.com/Azure-Samples/hello-spring-function-azure

pom.xmlの内容は以下の通りで、Spring Boot関連とAzure Functionsを動かすために必要なライブラリを追加している。



host.json、local.settings.jsonの内容は以下の通り。

なお、host.json、local.settings.jsonの設定内容は以下のサイトを参照のこと。
●host.json
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-functions/functions-host-json

●local.settings.json
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-functions/functions-run-local?tabs=linux%2Ccsharp%2Cbash#local-settings-file

また、Javaの各クラスの内容は以下の通りで、Azure FunctionsのAPIを呼び出したタイミングで、HelloHandlerクラスのexecuteメソッドが呼び出されるようになっている。





Spring Bootを利用したJavaアプリケーションのローカル環境での実行

先ほど作成したアプリケーションを、ローカル環境で実行する方法は以下の通り。

1) コマンドプロンプトを起動し、作成したアプリケーションのpom.xmlの存在するディレクトリに移動する。
Springアプリケーションの実行_1

2) 「mvn clean」コマンドを実行し、デプロイされたjarファイルが含まれるtarget ディレクトリ内をクリアする。
Springアプリケーションの実行_2

3) 「mvn package」コマンドを実行し、デプロイ用のjarファイルを作成する。
Springアプリケーションの実行_3_1

Springアプリケーションの実行_3_2
なお、上記画像では、コピーしている箇所を一部省略している。

また、「mvn package」コマンドの実行が完了すると、以下のように「demoAzureApp-0.0.1-SNAPSHOT.war」が作成されていることが確認できる。
Springアプリケーションの実行_3_3

4) 「mvn azure-functions:run」コマンドを実行し、Azure Functiosを実行する。
Springアプリケーションの実行_4

5) WEBブラウザ上で「http://localhost:7071/api/hello?name=Azure」とアクセスすると、以下のように、JSON形式で「”message”: “Hello, (nameで指定したパラメータ値)”」が表示されることが確認できる。
Springアプリケーションの実行_5

6) Azure Functionsを終了するには、「Ctrl+C」コマンドで「バッチジョブを終了しますか(Y/N)?」というメッセージが表示後、「Y」を選択しエンターキーを押下する。
Springアプリケーションの実行_6



Azure FunctionsへのSpring Bootを利用したJavaアプリケーションのデプロイ

Azure FunctionsへのSpring Bootを利用したJavaアプリケーションのデプロイ手順は、以下の通り。

1) 「az login」コマンドを実行し、Azure Portalにログインするアカウントでログインする。
AzureFunctionsのデプロイ_1_1

下記ダイアログが表示されるため、ログインアカウントを選択する。
AzureFunctionsのデプロイ_1_2

ログインに成功すると以下の画面に遷移する。
AzureFunctionsのデプロイ_1_3

また、コンソールには以下のログイン情報が表示される。
AzureFunctionsのデプロイ_1_4

2) 「mvn azure-functions:deploy」コマンドを実行し、jarファイルをAzure Functionsにデプロイする。
AzureFunctionsのデプロイ_2

3) デプロイが完了したら、画面から確認する。デプロイ対象のAzure Functions概要の、URLの右「クリップボードにコピー」を押下し、URLをコピーした後で、「(コピーしたURL)/api/hello?name=Azure」にアクセスすると、以下のように、デプロイしたアプリケーションのAPI呼出結果が画面が表示される。
AzureFunctionsのデプロイ_3_1

AzureFunctionsのデプロイ_3_2

要点まとめ

  • Azure Functionsにデプロイするための、Spring Bootを利用したJavaアプリケーションを作成するには、サンプルプログラムを流用する。
  • Azure Functionsにデプロイするためのjarファイルを作成するには、「mvn clean」コマンドを実行後、「mvn package」コマンドを実行する。
  • 「mvn azure-functions:run」コマンドを実行すると、ローカル環境でAzure Functionsの動作検証ができる。
  • Azure Functionsに作成したjarファイルをデプロイするには、「mvn azure-functions:deploy」コマンドを実行する。