Azure

Azure Potal上でSQLデータベースを作成してみた

Azure Portal上では、常に最新の安定したバージョンの SQL Serverデータベースである「SQL データベース」が利用できる。今回は、Azure Portal上で「SQL データベース」を作成し利用してみたので、その手順を共有する。

前提条件

下記サイトの手順に従って、Azure Portalのアカウントを作成済であること。
https://cloud.nissho-ele.co.jp/blog/azure_registration2020/

やってみたこと

  1. Azure SQL データベースの作成
  2. Azure SQL データベースの操作

Azure SQL データベースの作成

SQL データベースは、Azure Portal上で作成できる。その手順は、以下の通り。

1) Azureサービスから「Azure SQL」を選択する。
SQLデータベースの作成_1

2) Azure SQLの一覧画面が表示されるので、「追加」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_2

3) SQLデータベースでリソースの種類を「単一データベース」と指定し、「作成」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_3

4) リソースグループ・データベース名を指定後、サーバーの「新規作成」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_4

5) 右側に新しいサーバーの情報を入力し、「OK」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_5

6) データベースの構成を「サーバーレス」に変更するため、コンピューティングのストレージの「データベースの構成」リンクを押下する。
SQLデータベースの作成_6

7) コンピューティングを「サーバーレス」に変更し、「適用」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_7



8) 「次:ネットワーク」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_8

9) 接続方法を「パブリックエンドポイント」に変更し、ファイアウォール規則を2つとも「はい」に変更した後で、「次:追加設定」ボタンを押下する。この設定を行うことで、今後、AzureのプログラムからSQL データベースにアクセスできるようになる。
SQLデータベースの作成_9

10) 今回はAzure Defender for SQLを利用しないので、「Azure Defender for SQLの有効化」を「後で」に変更し、「確認および作成」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_10

11) 設定内容を確認後、「作成」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_11

12) SQL データベースが作成されると、以下の画面が表示されるため、「リソースに移動」ボタンを押下する。
SQLデータベースの作成_12

13) 以下のように、作成した「SQL データベース」の「概要」画面が表示されることが確認できる。
SQLデータベースの作成_13



Azure SQL データベースの操作

SQL データベースは、Azure Portal上のSQL データベースの「クエリ エディター(プレビュー)」メニューから操作できる。その手順は、以下の通り。

1) Azureサービスから「SQL データベース」を選択する。
SQLデータベースの操作_1

2) 一覧に、作成したSQL データベースが表示されるため、このSQL データベースのリンクを押下する。
SQLデータベースの操作_2

3) 作成したSQL データベースの概要が表示されるため、「クエリ エディター(プレビュー)」メニューを選択する。
SQLデータベースの操作_3

4) 作成したSQL データベースのログインユーザー・パスワードを指定し、「OK」ボタンを押下する。
SQLデータベースの操作_4

5) 以下のように、データベースにログインできることが確認できる。
SQLデータベースの操作_5

6) クエリ欄にCREATE TABLE文を指定し「実行」ボタンを押下すると、以下のように、テーブルが作成できることが確認できる。
SQLデータベースの操作_6_1

SQLデータベースの操作_6_2

7) クエリ欄にSQL文を指定し「実行」ボタンを押下することで、指定したSQL文が実行できる。
SQLデータベースの操作_7_1

SQLデータベースの操作_7_2

上記SELECT文で出力されたデータは以下の通りで、追加したデータが表示されることが確認できる。
SQLデータベースの操作_7_3

要点まとめ

  • Azure Portal上では、常に最新の安定したバージョンの SQL Server データベース である「SQL データベース」が利用できる。
  • SQL データベースは、Azure Portal上で作成できる。
  • SQL データベースを操作するには、作成したSQL データベースの「クエリ エディター(プレビュー)」メニューを利用すればよい。