IT関連以外

Code VillageはJavaScriptを中心としたサポート体制が充実したプログラミングスクールだった

JavaScriptや、JavaScriptのフレームワーク「React」「Vue」を中心にオンラインで学習できるプログラミングスクールの1つに、「Code Village」があります。今回は、「Code Village」というプログラミングスクールの特徴についてご紹介します。

なお、以下のサイトから、Code Villageの無料カウンセリングにお申し込み頂けます。

Code Villageの特徴

Code Villageには、以下の特徴があります。

  1. JavaScriptやそのフレームワークを中心に学習できる
  2. キャリアを自走できるエンジニアを目指せる
  3. 定期的な面談やキャリアサポートがあって質問し放題

JavaScriptやそのフレームワークを中心に学習できる

Code Villageで教えているJavaScriptは、以下の表で示すとおり、世界で最も利用されている言語になります。

各言語の使用状況
出所:Insights Developer Survay 2020

また、Code Villageで教えていて他のスクールではなかなか取り扱っていない「React」「Vue」は、以下のグラフに示すように、大変人気のあるJavaScriptフレームワークになります。

JavaScriptフレームワークの使用状況
出所:Google Trends 日本 過去12ヵ月間

さらに、JavaScriptを利用することによって、以下のサイトに記載しているような、さまざまな画面上の動きを実現することができます。
【ざっくりわかる!】JavaScriptでできること15選 まとめてみた

そのため、Code Villageで「JavaScript」「React」「Vue」をしっかり学習して頂くことで、市場価値の高い人材になることができます。

キャリアを自走できるエンジニアを目指せる

Code Villageでのカリキュラムは、「楽しく学べるカリキュラム」を徹底的に意識し、作りながら学べる実践的な教材になっています。また、初心者(PC操作なども苦手)でも受講可能になっています。
カリキュラム

さらに、以下のサイトを確認すると、単に講義を受けるだけでなく、動画でHTML・CSSの事前学習を行ったり、1日3時間の自主学習(ただし、学習時間の確保が難しい場合は、相談可能)を行う制度があったりと、単に講義を聴くだけでなく、しっかりと予習復習ができるようになっています。
【Code Village取材レポ】フロントエンドに重きをおいたエンジニアを育てる!JavaScript特化で全レイヤーの学習ができる!

これなら、しっかり技術を身につけられそうですね!

定期的な面談やキャリアサポートがあって質問し放題

Code Villageでは生徒ひとりひとりに専属のメンターがアサインされ、キャリアに合わせた最適な学習ロードマップの提案や定期的な面談を行ってくれます。

また、キャリアサポートとして、ES・面接対策、自己分析など、転職活動に必要な網羅的なサポートを受けることが可能です。なお、転職に限らず、起業・フリーランスなどのキャリアサポートも受けることができます。
面談

さらに、学習中に分からないことがあれば、スタディルーム(ビデオチャット)を通じて質問し放題となっています。平日15:00~22:00、休日10:00~22:00の間であれば、5分以内で回答を頂ける仕組みになっていますので、難しいプログラミング学習でも挫折しないで継続できるようになっています。
ソーシャルメディア

下記記事によると、プログラミングの挫折者は9割を超えるといわれているそうです。そのため、Code Villageの質問し放題のシステムは大変心強いですね!
プログラミングの挫折率が9割でも気にしなくて良い理由と対策方法

なお、上記記事を読んで「Code Village」にご興味をもたれた方は、以下の無料カウンセリングにお申し込みください。無料カウンセリングで、実際の教材も見せてもらうこともできますよ。