ExcelVBA

Excel VBAのマクロ記録を利用してみた

Excel VBAには、「マクロ記録」という機能があり、エクセル上での操作内容をVBAソースコードとして記録することができる。

今回は、Excel VBAの「マクロ記録」を利用してみたので、その操作内容を共有する。

前提条件

下記記事の「VBAプログラムの作成と実行」が完了していること

Excel VBAを利用してみたExcel VBAを利用すると、Excelファイルを編集する定型的な業務を自動化することができ、他の言語の開発現場でも、Excel VB...

やってみたこと

  1. マクロの記録
  2. 記録したマクロの実行

マクロの記録

マクロの記録の実施手順は、以下の通り。

1) 保存した「SampleVBA.xlsm」を開き、「開発」タブを選択
マクロの記録_1

2) 「マクロの記録」ボタンを押下
マクロの記録_2

3) マクロ名を指定し、「OK」ボタンを押下
マクロの記録_3

4) エクセルを編集していき、最後に「記録終了」ボタンを押下
マクロの記録_4_1

マクロの記録_4_2 マクロの記録_4_3

5) 「記録終了」ボタンを押下すると、以下のように、「記録終了」ボタンが「マクロの記録」ボタンに戻ることが確認できる
マクロの記録_5

記録したマクロの実行

記録したマクロのVBAソースコードの内容と、マクロの実行結果は、以下の通り。

1) 「開発」タブから「Visual Basic」を選択
マクロの実行_1

2) 標準モジュールの「Module2」を選択し、表示したコード内容は以下の通り。
マクロの実行_2

3) VBAプログラムを編集する画面(Visual Basic Editor)を閉じ、「開発」タブから「マクロ」を選択
マクロの実行_3

4) 先ほど記録したマクロ「Macro_test」が表示されることが確認できる
マクロの実行_4

5) マクロ記録時に入力した「テスト」「123」をクリアし、マクロ「Macro_test」を実行
マクロの実行_5

6) 以下のように、マクロ記録時に入力した「テスト」「123」が復元できることが確認できる
マクロの実行_6

要点まとめ

  • Excel VBAの「マクロ記録」を利用すると、エクセル上での操作内容をVBAソースコードとして記録することができる。