Spring Boot DB連携

Oracle上でselect文で「*」を利用した場合とカラム名を利用した場合の性能を測定してみた

SQL SELECT文を記載する際、「SELECT *」よりは「SELECT (カラム名)」を、「SELECT COUNT(*)」よりは「SELECT COUNT((カラム名))」を利用した方が、SQLの実行速度を速くすることができる。

今回は、select文で「*」を利用した場合とカラム名を利用した場合それぞれで、SQLの実行速度を測定するプログラムを作成してみたので、共有する。

なお、SQL文の性能改善を行う方法については、以下のサイトを参照のこと。
https://sites.google.com/site/orapeform/sql_minaoshi

前提条件

下記記事の実装が完了していること。

Oracle上で@Transactionalアノテーションをネストして利用してみた@Transactionalアノテーションはクラス間でネストして利用することができ、propagation属性の設定値を変えることで、今...

サンプルプログラムの作成

作成したサンプルプログラムの構成は、以下の通り。
サンプルプログラムの構成
なお、上記の赤枠は、前提条件のプログラムから追加・変更したプログラムである。

Mapperインタフェース・Mapper XMLの内容は以下の通りで、select文で「*」を利用した場合とカラム名を利用した場合それぞれで、全データを取得するSQLと、全データ件数を取得するSQLを用意している。

また、ユーザデータテーブルのエンティティクラスの内容は、以下の通り。

さらに、サービスクラスのサブクラスの内容は以下の通りで、それぞれのSQLを呼び出し、それぞれの実行時間を表示するようにしている。

また、サービスクラスの内容は以下の通りで、性能測定のためのサービスクラスのサブクラスのメソッドを2回呼び出している。

さらに、Spring Bootのメインクラスの内容は以下の通りで、サービスクラスのメソッドを呼び出している。

その他のソースコード内容は、以下のサイトを参照のこと。
https://github.com/purin-it/java/tree/master/spring-boot-oracle-performance-select-all/demo



「AOMEI Backupper」は様々な形でバックアップ取得や同期処理が行える便利ツールだったパソコン内のデータを、ファイル/パーティション/ディスク等の様々な単位でバックアップしたり、バックアップ時のスケジュール設定やリアルタイ...

サンプルプログラムの実行結果

サンプルプログラムの実行結果は以下の通りで、select文で「*」よりカラム名を指定した方が、SQLが速くなることが確認できる。

1) 以下を実行し、USER_DATAテーブルに100,000件のデータを追加する。

サンプルプログラムの実行結果_1_1

実行後、以下のように、レコード数が100,000件になっていることが確認できる。
サンプルプログラムの実行結果_1_2

サンプルプログラムの実行結果_1_3

2) 1)の状態でSpring Bootのメインクラス(DemoApplication.java)を実行した結果、コンソールログに出力される内容は以下の通り。

<1回目>
サンプルプログラムの実行結果_2_1

<2回目>
サンプルプログラムの実行結果_2_2

要点まとめ

  • SQL SELECT文を記載する際、「SELECT *」よりは「SELECT (カラム名)」を、「SELECT COUNT(*)」よりは「SELECT COUNT((カラム名))」を利用した方が、SQLの実行速度を速くすることができる。