Spring Boot DB連携

Spring BootのWEB画面上でデータ検索機能を追加してみた(完成イメージと前提条件)

今回は、Spring BootのWEB画面上でデータ検索機能を追加してみたので、そのサンプルプログラムを共有する。

検索機能を行うSQL文は、画面上で指定した検索条件により変える必要があるため、MyBatis提供のifタグによる条件分岐を利用した動的SQL文を使用すると便利である。また、ifタグを利用したSQL文は長くなるため、XMLに書いた方が読みやすいコードとなる。

なお、今回のサンプルプログラムは長くなるため、前提条件と完成したサンプルプログラムの画面イメージのみ記載し、ソースコードの内容は次回の記事で記載する。

前提条件

下記記事の実装が完了していること。

MyBatisのSQL文をXMLファイルに配置してみたMyBatisを利用するプログラムで、これまではMapperクラスに直接SQL文を記載していたが、今回はXMLファイルにSQL文を移動し...

さらに、USER_DATAテーブルに下記データが登録されていること。
USER_DATAテーブルのデータ



フリーランスエンジニアのエージェントは就業中でも無料で登録できるITエンジニアには、フリーランスという働き方がある。 フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のこ...

完成した画面イメージの共有

1) Spring Bootアプリケーションを起動し、「http:// (ホスト名):(ポート番号)」とアクセスした場合の初期表示は以下の通りなので、そのまま「検索」ボタンを押下
完成後の画面イメージ1

2) 以下のように、一覧画面に遷移し、全データが検索されることが確認できる。その後「戻る」ボタンを押下し、検索画面に戻る
完成後の画面イメージ2

3) 以下のように検索条件を指定し、「検索」ボタンを押下
完成後の画面イメージ3

4) 以下のように、一覧画面に遷移し、指定した条件に合うデータが検索されることが確認できる。その後「戻る」ボタンを押下し、検索画面に戻る
完成後の画面イメージ4

5) 以下のように、性別のみ検索条件に指定し、「検索」ボタンを押下
完成後の画面イメージ5

6) 以下のように、一覧画面に遷移し、指定した性別をもつデータが検索されることが確認できる。その後「戻る」ボタンを押下し、検索画面に戻る
完成後の画面イメージ6

7) 以下のように、生年月日(TO)のみ検索条件に指定し、「検索」ボタンを押下
完成した画面イメージ7

8) 以下のように、一覧画面に遷移し、指定した生年月日より前をもつデータが検索されることが確認できる。その後「戻る」ボタンを押下し、検索画面に戻る
完成した画面イメージ8

9) 以下のように、生年月日(FROM,TO)にエラーになるようなデータを指定し、「検索」ボタンを押下
完成した画面イメージ9

10) 以下のように、検索画面のままで、エラーメッセージが表示され、生年月日(FROM,TO)が赤反転することが確認できる
完成した画面イメージ10