Azure

Azure Cache for Redisを作成してみた

Redisとは、Key-Value型の非リレーショナルデータベース(NoSQL)で、そのRedisをAzure上で利用できるのがAzure Cache for Redisとなる。

なお、Azure Cache for Redisについての詳細は、以下のサイトを参照のこと。
https://business.ntt-east.co.jp/content/cloudsolution/column-146.html

今回は、Azure Cache for Redisを作成してみたので、その手順を共有する。

前提条件

下記サイトの手順に従って、Azure Portalのアカウントを作成済であること。
https://cloud.nissho-ele.co.jp/blog/azure_registration2020/

Azure Cache for Redisの作成

Azure Cache for Redisは、Azure Portal上で作成できる。その手順は以下の通り。

1) Azureサービスから「Azure Cache for Redis」を選択する。
AzureCacheforRedisの作成_1

2) Azure Cache for Redisの一覧画面が表示されるため、「追加」ボタンを押下する。
AzureCacheforRedisの作成_2

3) 以下のAzure Cache for Redisを作成する初期表示画面が表示される。
AzureCacheforRedisの作成_3

4) 各項目を指定し、「次:ネットワーク」ボタンを押下する。
AzureCacheforRedisの作成_4_1

なお、キャッシュの種類毎の価格レベルは、上記画面の「価格の詳細を表示」リンクから確認でき、以下のように表示される。
AzureCacheforRedisの作成_4_2

5) 以下のように、ネットワークの接続方法が表示されるので、そのまま「次:詳細」ボタンを押下する。
AzureCacheforRedisの作成_5

6) 以下のように、Redisバージョンが表示されるので、そのまま「レビューと作成」ボタンを押下する。
AzureCacheforRedisの作成_6

7) 作成するAzure Cache for Redisの内容を確認後、「作成」ボタンを押下する。
AzureCacheforRedisの作成_7_1

以下はデプロイ中の画面で、デプロイが完了するまで20分程度かかる。
AzureCacheforRedisの作成_7_2



8) デプロイが完了すると、以下の画面が表示されるため、「リソースに移動」ボタンを押下する。
AzureCacheforRedisの作成_8

9) 以下のように、Azure Cache for Redisの概要画面が表示される。Redisデータベースを操作するには、「コンソール」ボタンを押下する。
AzureCacheforRedisの作成_9

10) 以下のように、Redisデータベースを操作するためのコンソール画面が表示される。
AzureCacheforRedisの作成_10

11) 「keys *」コマンドを入力すると、何も登録されていないことが確認できる。
AzureCacheforRedisの作成_11

12) コンソール画面を閉じるには、右上の「×」ボタンを押下する。
AzureCacheforRedisの作成_12

13) さらに、「アクセスキー」メニューを押下すると、以下のように、接続文字列が確認できる。
AzureCacheforRedisの作成_13

要点まとめ

  • Redisとは、Key-Value型の非リレーショナルデータベース(NoSQL)で、そのRedisをAzure上で利用できるのがAzure Cache for Redisとなる。
  • Azure Cache for Redisは、Azure Portal上で作成できる。
  • Redisデータベースを操作するには、Azure Cache for Redisのコンソール画面を利用する。