Azure

Azure Cache for Redisのデータを取り出してみた

前回の記事で、Azure Cache for Redis内にセッションデータを格納してみたが、Azure Cache for Redisのコンソールでセッションデータを確認したところ、日本語がエンコードされていた。

ただ、Redisにアクセスするクライアントライブラリを利用してセッションデータを確認すれば、エンコードされていた日本語データの中身も確認することができる。

今回は、Redisにアクセスするクライアントライブラリによってセッションデータを取得し表示してみたので、そのサンプルプログラムを共有する。

前提条件

下記記事の実装が完了していること。

Azure Cache for Redisにセッションデータを格納してみたSpring Sessionは、ユーザーのセッション情報を管理するための API と実装を提供するため、これを利用すると、セッションデー...

サンプルプログラムの作成

まずは、STS上で、下記記事の「Mavenプロジェクトの作成」に従って、グループ Id、アーティファクト Idを変えて、Mavenプロジェクトを作成する。

JavaでSQL Serverにデータロードするプログラムを作成した(ソースコード編)今回も引き続き、Javaで作成したSQL Serverにデータロードするプログラムについて記載する。ここでは、JavaでSQL Serv...

作成したサンプルプログラムの構成は、以下の通り。
サンプルプログラムの構成

pom.xmlの内容は以下の通りで、Redisにアクセスするクライアントライブラリを追加している。

また、メインクラスの内容は以下の通りで、JedisクラスのhgetAllメソッドで、Azure Cache for Redisの設定値を取得し表示している。なお、JedisクラスのhgetAllメソッドの引数は、セッションデータ作成後に指定している。



サンプルプログラムの実行結果

サンプルプログラムの実行結果は、以下の通り。

1) Azure Portalにログインし、Azure App Serviceを利用した画面を表示し、データ検索を行う。
サンプルプログラムの実行結果_1_1

サンプルプログラムの実行結果_1_2

2) Azure Redisをコンソールで「keys *」コマンドを入力後、「hgetall (セッションデータのキー値)」というコマンドを入力すると、以下のように、日本語データがエンコードされて表示される。
サンプルプログラムの実行結果_2

3) 今回作成したサンプルプログラムのMainクラスを実行すると、以下のように、セッションデータの日本語が表示できることが確認できる。
サンプルプログラムの実行結果_3_1

サンプルプログラムの実行結果_3_2

要点まとめ

  • Azure Cache for Redis内の日本語データを確認するには、Redisにアクセスするクライアントライブラリに含まれている、JedisクラスのhgetAllメソッドを利用すればよい。