ExcelVBA

Excel VBAで複数テーブルのデータを繰り返し取得するプログラムを作成してみた(ソースコード編)

今回も引き続き、複数のテーブルデータを繰り返し取得する処理のサンプルプログラムについて述べる。ここでは、具体的なサンプルプログラムのソースコードを共有する。

前提条件と完成イメージ

下記記事を参照のこと。

Excel VBAで複数テーブルのデータを繰り返し取得するプログラムを作成してみた(完成イメージ編)前回は、Excel VBAでOracleに接続し、指定したSELECT文のデータを取得するプログラムを作成してみたが、今回はそのプログラ...

サンプルプログラムの作成

ファイル「DbDump.xlsm」を開き、実行情報シートを以下のように編集する。
サンプルプログラムの実行結果_1



また、「取得」ボタンが押下された場合、以下のプログラムの「dbDump」サブプロシージャが呼び出されるようになっている。実行SQLの結果取得をテーブル名が指定された個数分行うようになっている。さらに、同一テーブルの取得結果を同一シートに追記できるようになっている。



その他、実際に作成したVBAファイルの内容は、以下のサイトを参照のこと。
https://github.com/purin-it/vba/tree/master/excel-vba-oracle-muldata-2

要点まとめ

  • 複数テーブルのデータを繰り返し取得するプログラムも、ADOというMicrosoftが提唱しているデータアクセス技術を利用すれば作成できる。