MENU
API Management

Azure API Managementで流量制限するプログラム内で例外をキャッチしてみた

以前、Azure API Managementで、一定時間内に一定回数以上のアクセスが来たときにHTTP 429(Too Many Requests)を返却するような流量制限を設定したことがあったが、この流量制限エラーになった場合は、HTTPClientErrorExceptionという例外が発生する。

例えば、以下のソースコードのような、@ExceptionHandlerアノテーションでException例外をキャッチするメソッドがある場合、このメソッド内で、流量制限エラーになった場合の処理が行われる。

今回は、流量制限を設定したプログラム内に、@ExceptionHandlerアノテーションで例外をキャッチするメソッドを追加して、そのメソッド内で流量制限エラーの場合のみ独自のエラー画面に遷移するプログラムを作成してみたので、共有する。

前提条件

下記記事の流量制限の設定と、その前提条件となる実装が完了していること。

Azure API Managementで流量制限を設定してみたAzure API Managementでは、一定時間内に一定回数以上のアクセスが来たときにHTTP 429(Too Many Requ...



修正したサンプルプログラム(App Service側)の内容

修正したサンプルプログラム(App Service側)の構成は以下の通り。
サンプルプログラムの構成
なお、上記の赤枠は、前提条件のプログラムから変更したプログラムである。また、Azure Functions側のソースコードは修正していない。

@ExceptionHandlerアノテーションで例外をキャッチするメソッドを定義しているクラスは以下の通りで、HTTP 429(Too Many Requests)エラーの場合はerror429.html画面に、それ以外の場合はerror.html画面に遷移するようにしている。

また、error.htmlの内容は以下の通りで、発生した例外の内容を表示するようにしている。

さらに、error429.htmlの内容は以下の通りで、HTTP 429(Too Many Requests)エラーが発生した旨を表示している。

その他のソースコード内容は、以下のサイトを参照のこと。
https://github.com/purin-it/azure/tree/master/flow-rate-limit-exception-handler/demoAzureApp



サンプルプログラムの実行結果

以下のように、DemoControllerAdvice.java内の、HTTP 429(Too Many Requests)エラーの場合をコメントアウトして、前提条件の記事の流量制限を設定した結果は、以下の通り。
429エラーをコメントアウトしたソース

1) Azure App ServiceのURL「https://azureappdemoservice.azurewebsites.net/」とアクセスすると以下の画面が表示されるため、「ファンクション呼び出し」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_1_1_1

なお、上記URLは、下記Azure App ServiceのURLから確認できる。
サンプルプログラムの実行結果_1_1_2

2) callFunctionApi関数が呼び出され、以下の画面に遷移する。その後「戻る」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_1_2

3) 以下のように、初期表示画面に戻ることが確認できる。ここで再度「ファンクション呼び出し」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_1_3

4) 遷移先画面に再度に遷移するので、「戻る」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_1_4

5) 初期表示画面に再度戻るので、「ファンクション呼び出し」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_1_5

6) 流量制限エラーとなり、error.htmlに遷移し、HTTPClientErrorExceptionという例外が発生したことが確認できる。
サンプルプログラムの実行結果_1_6



また、以下のように、DemoControllerAdvice.java内の、HTTP 429(Too Many Requests)エラーの場合のコメントアウトを外した状態で、前提条件の記事の流量制限を設定した結果は、以下の通り。
429エラーをコメントアウトしていないソース

1) Azure App ServiceのURL「https://azureappdemoservice.azurewebsites.net/」とアクセスすると以下の画面が表示されるため、「ファンクション呼び出し」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_2_1

2) callFunctionApi関数が呼び出され、以下の画面に遷移する。その後「戻る」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_2_2

3) 以下のように、初期表示画面に戻ることが確認できる。ここで再度「ファンクション呼び出し」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_2_3

4) 遷移先画面に再度に遷移するので、「戻る」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_2_4

5) 初期表示画面に再度戻るので、「ファンクション呼び出し」ボタンを押下する。
サンプルプログラムの実行結果_2_5

6) 流量制限エラーとなり、独自の流量制限エラー画面に遷移することが確認できる。
サンプルプログラムの実行結果_2_6

要点まとめ

  • Azure API Managementで流量制限エラーになった場合は、HTTPClientErrorExceptionという例外が発生する。
  • @ExceptionHandlerアノテーションを付与したメソッド内で任意例外をキャッチする処理が入っている場合は、そのメソッド内で、流量制限エラーの場合のみ独自のエラー画面に遷移する処理を実装する。