Git

GitHub上のリモートリポジトリのプロジェクトをSTSのローカルに取得してみた

今回は、GitHubのリモートリポジトリにあるプロジェクトをSTSローカルに取得してみたので、その手順を共有する。

前提条件

下記記事の「git-sts-push」リポジトリが作成済であること。

ローカルリポジトリの作成_2
STS上でGitプロジェクトを作成しGitHubにpushしてみたSTSを利用した開発を行っている場合、基本的なGit操作はGUIベースで実施できる。ただし、あらかじめ「EGit」をインストールする必要...



やってみたこと

  1. demoプロジェクトの削除
  2. ローカルリポジトリの削除
  3. ローカルリポジトリの追加
  4. demoプロジェクトのインポート
  5. git pullコマンドのGUI操作

demoプロジェクトの削除

前提条件の記事で、「git-sts-push」リポジトリにpushしたdemoプロジェクトが残っているので削除する。その手順は以下の通り。

1) demoプロジェクトを選択し右クリックし、「削除」メニューを選択する。
demoプロジェクトの削除_1

2) リソースの削除画面のチェックボックスにチェックを入れて、「OK」ボタンを押下する。
demoプロジェクトの削除_2

3) そのまま、「継続」ボタンを押下する。
demoプロジェクトの削除_3

4) パッケージ・エクスプローラー画面から、demoプロジェクトが削除されたことが確認できる。
demoプロジェクトの削除_4



ローカルリポジトリの削除

前提条件の記事で、ローカルリポジトリ「git-sts-push」が残っているので削除する。その手順は以下の通り。

1) ウィンドウメニューから「ビューの表示」の「その他」を選択する。
ローカルリポジトリの削除_1

2) Gitから「Git リポジトリー」を選択し、「開く」ボタンを押下する。
ローカルリポジトリの削除_2

3) 左下に「Git リポジトリー」ビューが表示されるので、表示された「git-sts-push」リポジトリを選択し右クリックし、「リポジトリーの削除」を選択する。
ローカルリポジトリの削除_3

4) リポジトリーの削除画面が表示されるので、2箇所のチェックボックスにチェックを入れ、「削除」ボタンを押下する。
ローカルリポジトリの削除_4

5) 以下のように、Gitリポジトリー画面から「git-sts-push」リポジトリが削除されたことが確認できる。
ローカルリポジトリの削除_5



フリーランスエンジニアのエージェントは就業中でも無料で登録できるITエンジニアには、フリーランスという働き方がある。フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のこ...

ローカルリポジトリの追加

先ほど削除したローカルリポジトリ「git-sts-push」を再度追加する。その手順は以下の通り。

1) Gitリポジトリー画面を開き、「Gitリポジトリーのクローン」を選択する。
ローカルリポジトリの追加_1

2) ロケーションURIにリモートリポジトリのURLを指定し、GitHubユーザー名・パスワードを入力し、「次へ」ボタンを押下する。
ローカルリポジトリの追加_2

3) そのまま、「次へ」ボタンを押下する。
ローカルリポジトリの追加_3

4) そのまま、「完了」ボタンを押下する。
ローカルリポジトリの追加_4

5) Git リポジトリー画面に「git-sts-push」ブランチが表示されることが確認できる。
ローカルリポジトリの追加_5



demoプロジェクトのインポート

demoプロジェクトを編集できるよう、ローカルリポジトリの内容インポートする。その手順は以下の通り。

1) ローカルブランチ「git-sts-push」の作業ツリーを展開し、demoプロジェクトを選択し右クリックし、「プロジェクトのインポート」を選択する。
demoプロジェクトのimport_1

2) そのまま、「完了」ボタンを押下する。
demoプロジェクトのimport_2

3) コンパイルエラーになるが、パッケージ・エクスプローラー上にdemoプロジェクトが追加されることが確認できる。
demoプロジェクトのimport_3

4) コンパイルエラーを解消するため、demoプロジェクトを選択し右クリックし、「構成」から「Gradle ネーチャーの追加」を選択する。
demoプロジェクトのimport_4

5) Gradle ネーチャーの追加を行うと、以下のように、コンパイルエラーが解消することが確認できる。
demoプロジェクトのimport_5



git pullコマンドのGUI操作

git pullコマンドに相当するGUI操作を行う手順は、以下の通り。

1) demoプロジェクトを選択し右クリックし、「チーム」メニューから「プル」を選択する。
git_pull_GUI_1

2) 以下のように、更新結果が表示されることが確認できるので、「閉じる」ボタンを押下する。
git_pull_GUI_2

要点まとめ

  • リモートリポジトリのプロジェクトをSTSのローカルに取得するには、Gitリポジトリー画面を利用してローカルリポジトリにコピーしてから、必要なソースをSTSのローカルにインポートすればよい。
  • 取得したGradleプロジェクトを、STS上でGradleによるビルドができるようにするには、「Gradleネーチャーの追加」が必要になる。