Spring Boot DB連携

Spring BootのWEB画面上でnull許可項目のDB更新機能を追加してみた(ソースコード編)

今回も引き続き、Spring BootのWEB画面上でDB更新項目がNULL更新できるパターンの実装について述べる。ここでは、具体的なサンプルプログラムのソースコードを共有する。

前提条件

下記記事を参照のこと。

Spring BootのWEB画面上でnull許可項目のDB更新機能を追加してみた(完成イメージと前提条件)これまで本ブログで、Spring BootのWEB画面で、MyBatisによるDB更新機能を何度か取り上げてきたが、DB更新はNull更...

作成したサンプルプログラムの内容

作成したサンプルプログラムの構成は以下の通り。
サンプルプログラムの構成
なお、上図の赤枠は、前提条件に記載したソースコードと比較し、変更になったソースコードを示す。赤枠のソースコードについては今後記載する。

まず、DemoForm・UserDataに、項目「memo」を追加する対応を行った。そのソースコードは以下の通り。



次に、サービスクラスにmemoをDemoForm, UserData間で受け渡す修正を行った。そのソースコードは以下の通りで、「getDemoForm」「getUserData」メソッドを変更している。



フリーランスエンジニアのエージェントは就業中でも無料で登録できるITエンジニアには、フリーランスという働き方がある。 フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のこ...

さらに、SQLのxmlファイルを変更した。「memo」を追加・更新するcreate,updateメソッドでは、jdbcType指定を追加している。また、select句にjdbcType指定を追加するため、「userDataResultMap」というresultMapを定義し、それをfindBySearchForm,findByIdメソッドで利用するようにしている。



また、変更したHTMLファイルは以下の通り。「input.html」ではメモ欄のテキストエリアを追加し、「confirm.html」「confirm_delete.html」ではメモ欄の表示を追加している。さらに、表示形式を整えるため、tableタグを利用するように修正している。

その他のソースコード内容は、以下のサイトを参照のこと。
https://github.com/purin-it/java/tree/master/spring-boot-null-update-2/demo

要点まとめ

  • NULL更新するDB項目がある場合は、jdbcTypeの指定が必要になる。
  • select句にjdbcType指定を追加するには、resultMapを定義し、そこでjdbcTypeを指定する。