DB

SQLServer認証のユーザーを作成してみた

今回は、SQL ServerのSSMS(SQL Server Management Studio)を利用して、SQL Server認証のユーザーを作成してみたところ、知らないとつまづいた点があったので、共有する。
SQL Server認証とは、SQL Serverにログインする際、下図のように、ユーザー名とパスワードを指定してログインする認証方式のことをいう。
SQLServerログイン画面

前提条件

Windows端末上に、SQL Serverをインストール済であること。
SQL Serverのインストール手順は下記記事を参照のこと。

SQL Serverのデータ分析を行う環境構築を行った(1)今回は、SQL Serverのデータ分析を行う環境構築として、SQL Server・SQL Server Management Stud...



やってみたこと

  1. SQL Server認証モードの許可
  2. saユーザーの有効化
  3. SQL Server認証でログインするユーザーの追加

 

SQL Server認証モードの許可

SQL Serverをインストールした直後では、Windows認証しか許可されていないため、SQL Server認証でもログインできるような設定に変更する。

1) SQL Server DatabaseにWindows認証でログイン
SQLServer認証モード変更1

2) データベースオブジェクトを選択し右クリックし、プロパティ(Properties)メニューを選択
SQLServer認証モード変更2

3) 「セキュリティ(Security)」ページを選択し、「SQL ServerとWindows認証モード(SQL Server and Windows Authentication mode)」を選択し、「OK」ボタンを押下
SQLServer認証モード変更3

4) SQL Serverが再起動されるまでいくつかの設定が反映されない旨のダイアログが表示されるので、「OK」ボタンを押下
SQLServer認証モード変更4

5) PCを再起動、そのタイミングでSQL Serverも再起動されるため、今回の設定が反映される
SQLServer認証モード変更5



saユーザーの有効化

次に、SQL Serverに既に用意されているsaユーザーを有効化し、saユーザーでログインする。

1) SQL Server DatabaseにWindows認証でログイン
saユーザーの有効化1

2) セキュリティ(Security)の 、ログイン(Logins)内 から「sa」ユーザーを選択し右クリックし、プロパティ(Properties)メニューを選択
saユーザーの有効化2

3) 「一般(General)」ページを選択し、変更後のパスワードを「パスワード(Password)」「パスワード確認用(Confirm password)」に入力
saユーザーの有効化3

4) 「ステータス(Status)」ページを選択し、ログインに「有効(Enabled)」を設定し、「OK」ボタンを押下
saユーザーの有効化4

5) 下図のように、saユーザーが有効化されたことが確認できる
saユーザーの有効化5

6) ログイン画面で、SQL Server認証を指定し、saユーザーとそのパスワードを指定し「接続(Connect)」ボタンを押下
saユーザーの有効化6

7) 下図のように、saユーザーでログインできたことが確認できる
saユーザーの有効化7



SQL Server認証でログインするユーザーの追加

さらに、SQL Server認証でログインするユーザー「testdb」を追加する。

1) SQL Server DatabaseにWindows認証でログイン
ユーザーの追加1

2) セキュリティ(Security)の 、ログイン(Logins)を選択し右クリックし、「新規ログイン(New Login)」メニューを選択
ユーザーの追加2

3) 「一般(General)」ページで、ユーザー名・認証方式・パスワード・デフォルト言語を指定
ユーザーの追加3

4) 「サーバーロール(Server Roles)」ページで、publicとsysadminを指定
ユーザーの追加4

5) 「ユーザーマッピング(User Mapping)」ページで、作成中ユーザーとひもづけるデータベースを指定
ユーザーの追加5-1

なお、データベースのデフォルトスキーマ(Default Schema)は、各データベースの「…」ボタンを押下すると下記画面が表示されるため、デフォルトスキーマ(dbo)を指定し「Check Names」ボタン⇒「OK」ボタンを順に押下することで指定できる
ユーザーの追加5-2

6) 「セキュアラブル(Securables)」ページはそのままとする
ユーザーの追加6

7) 「ステータス(Status)」ページもそのままの状態で、「OK」ボタンを押下
ユーザーの追加7

8) 下図のように、testdbユーザーが作成されたことが確認できる
ユーザーの追加8

9) ログイン画面で、SQL Server認証を指定し、testdbユーザーとそのパスワードを指定し「接続(Connect)」ボタンを押下
ユーザーの追加9

10) 下図のように、testdbユーザーでログインでき、各テーブルが閲覧できたことが確認できる
ユーザーの追加10