Azure

Azure App ServiceからAzure FunctionsにPost送信してみた(前提条件と実行結果)

Azure App ServiceからAzure Functionsを呼び出す際、Get通信だけでなく、リクエストパラメータを含むPost通信も行うことができる。

今回は、Azure App ServiceからPost通信によってAzure Functionsを呼び出してみたので、そのサンプルプログラムを共有する。

なお、今回のサンプルプログラムは長くなるため、前提条件と完成したサンプルプログラムの実行結果のみ記載し、ソースコードの内容は次回の記事で記載する。

前提条件

下記記事のAzure App Service, Azure Functionsのサンプルプログラムを作成済であること。

Azure App ServiceからAzure Functionsのサービスを呼び出してみたAzure Functionsのサービスは、HTTPリクエストの要求を通して呼び出されるため、Azure App ServiceからAz...
Azure FunctionsからSQL Databaseにアクセスしてみたデータベースへアクセスする処理は、通常のSpring Boot上でのアプリケーション開発の場合と同様に、MyBatis等のDBアクセスフ...

また、SQL DatabaseにUSER_DATA, M_SEXテーブルを以下の構造及びデータで作成済であること。
テーブル構造

ユーザーテーブルデータ 性別テーブルデータ

なお、SQL Databaseの操作方法は以下の記事を参照のこと。

Azure Potal上でSQLデータベースを作成してみたAzure Portal上では、常に最新の安定したバージョンの SQL Serverデータベースである「SQL データベース」が利用でき...

さらに、下記記事に従ってSTSにLombokをインストール済であること。

STS(Spring Tool Suite)上でlombokを利用してみた今回は、STSを利用して、lombokを利用してみたので、その手順を共有する。STS上でlombokを利用できるようにするには、あらかじ...



サンプルプログラムの実行結果

サンプルプログラムの実行結果は、以下の通り。

1) ローカル環境でdemoAzureFuncアプリを「mvn azure-functions:run」コマンドで起動する。
サンプルプログラムの実行結果_1_1

その後、Spring Bootアプリケーションを起動し、「http:// (ホスト名):(ポート番号)」とアクセスすると、以下の画面が表示される。
サンプルプログラムの実行結果_1_2

2) 検索条件に何も指定せず「検索」ボタンを押下すると、USER_DATAテーブルの全データが出力される。
サンプルプログラムの実行結果_2_1

サンプルプログラムの実行結果_2_2

3) 検索条件に「テスト プリン3」、性別に「女」を指定して「検索」ボタンを押下すると、以下のように、条件に合うデータが出力される。
サンプルプログラムの実行結果_3_1

サンプルプログラムの実行結果_3_2

4) ローカル環境でdemoAzureFuncアプリのapplication.propertiesの「demoAzureFunc.urlBase」を以下のように変更する。
サンプルプログラムの実行結果_4_1

その後、以下のように、Azure App Service、Azure Functions上にサンプルプログラムをデプロイする。
サンプルプログラムの実行結果_4_2

サンプルプログラムの実行結果_4_3 サンプルプログラムの実行結果_4_4

なお、Azure App Serviceにデプロイする過程は、以下の記事の「App ServiceへのSpring Bootを利用したJavaアプリケーションのデプロイ」を参照のこと。

Azure App Service上でSpring Bootを利用したJavaアプリケーションを作成してみた前回は、Azure Potal上でApp Serviceを作成してみたが、今回は、前回作成したApp ServiceにSpring Bo...

また、Azure Functionsにデプロイする過程は、以下の記事の「Azure FunctionsへのSpring Bootを利用したJavaアプリケーションのデプロイ」を参照のこと。

Azure Functions上でSpring Bootを利用したJavaアプリケーションを作成してみた前回は、Azure Potal上でAzure Functionsを作成してみたが、今回は、前回作成したAzure FunctionsにS...

5) その後、「https://azureappdemoservice.azurewebsites.net/」というAzure App ServiceのURLにアクセスすると、以下の画面が表示される。
サンプルプログラムの実行結果_5_1

なお、上記URLは、下記Azure App ServiceのURLから確認できる。
サンプルプログラムの実行結果_5_2

6) 検索条件に何も指定せず「検索」ボタンを押下すると、USER_DATAテーブルの全データが出力される。
サンプルプログラムの実行結果_6_1

サンプルプログラムの実行結果_6_2

7) 検索条件に「テスト プリン3」、性別に「女」を指定して「検索」ボタンを押下すると、以下のように、条件に合うデータが出力される。
サンプルプログラムの実行結果_7_1

サンプルプログラムの実行結果_7_2