MENU
JUnit

JUnitのテストメソッドに汎用的な開始・終了ログを出力してみた

Javaでは、実行中のクラスパスや実行中のメソッド名を取得することができる。

今回は、以前作成したJUnitのソースコード上で、実行中のクラス名・メソッド名を取得し、開始/終了ログを出力してみたので、そのサンプルプログラムを共有する。

前提条件

下記記事の実装が完了していること。

PowerMockを利用して処理途中でnewしているクラスをMock化してみた処理途中でnewしているクラスをMock化するには、PowerMockitoのwhenNewメソッドを利用する必要がある。また、Powe...

作成したサンプルプログラムの内容と実行結果

作成したサンプルプログラムの構成は以下の通り。
サンプルプログラムの構成
なお、上記の赤枠は、前提条件のプログラムから変更したプログラムである。



変更したテストクラスの内容は以下の通り。

initメソッド内で実行中クラスパスを取得し、testDemoControllerメソッド内で実行中メソッド名を取得している。また、開始ログをprintStartLogメソッドで、終了ログをprintEndLogメソッド内で出力している。

その他のソースコード内容は、以下のサイトを参照のこと。
https://github.com/purin-it/java/tree/master/junit-print-startend-log/demo



フリーランスエンジニアのエージェントは就業中でも無料で登録できるITエンジニアには、フリーランスという働き方がある。フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のこ...

DemoControllerTestクラスを実行した結果は以下の通りで、赤枠の開始ログ/終了ログが出力されていることが確認できる。
テストプログラムの実行結果

要点まとめ

  • Javaでは、実行中のクラスパスや実行中のメソッド名を取得することができる。