Java設計

PlantUMLでシーケンス図を作成してみた

シーケンス図とは、クラスやオブジェクト間のやりとり(相互作用)を時系列に沿って表現する図で、プログラムの処理の流れを整理し、仕様を視覚的にわかりやすく伝えることができる。

今回は、PlantUMLで、前回ユースケース図を作成した機能の一部である「社員は、毎日の勤務実績を、勤怠管理システムに入力する」という部分についてのシーケンス図を作成してみたので、作成したシーケンス図と元になるPlantUMLのソースコードを共有する。

なお、シーケンス図については、以下のサイトを参照のこと。
https://it-koala.com/sequence_diagram-1775

また、PlantUMLのシーケンス図についてのマニュアルは、以下のサイトを参照のこと。
https://plantuml.com/ja/sequence-diagram

前提条件

下記記事の、VSCode上でPlantUMLを利用するための環境構築が完了していること。

PlantUMLをVSCode上で利用してみたPlantUMLは、VSCode(Visual Studio Code)上で編集するようにすると、ソースコードを色つきで分かりやすく表示...

作成したシーケンス図(1)

エンドユーザー(社員)の目に見える部分に特化して作成したシーケンス図の内容は、以下の通り。
sequence1

また、上記シーケンス図のPlantUMLソースコードの内容は、以下の通り。

作成したシーケンス図(2)

実際にプログラムを作成する場合の、クラス間での相互作用を明確にしたシーケンス図の内容は、以下の通り。
sequence2

また、上記シーケンス図のPlantUMLソースコードの内容は、以下の通り。

要点まとめ

  • シーケンス図とは、クラスやオブジェクト間のやりとり(相互作用)を時系列に沿って表現する図で、プログラムの処理の流れを整理し、仕様を視覚的にわかりやすく伝えることができる。
  • PlantUMLを利用すれば、コードベースでシーケンス図を作成できる。