Spring Boot Ajax/JavaScript/API連携

ウィンドウを開く処理をJavaScriptのアロー関数で書いてみた

アロー関数は、ES2015(ES6)から利用可能になった新しいJavaScriptの構文の一つで、関数をシンプルに記述することができる。

今回は、ウィンドウを開く処理をアロー関数で書いてみたので、そのサンプルプログラムを共有する。

なお、アロー関数については、以下のサイトを参照のこと。
https://qiita.com/may88seiji/items/4a49c7c78b55d75d693b

前提条件

下記記事の実装が完了していること。

Spring Bootでのウィンドウを開く処理をJavaScriptで実施してみたウィンドウを開く処理は、GETリクエスト・POSTリクエストのどちらであっても、JavaScriptで実装できる。今回は、GETリクエス...



サンプルプログラムの作成

作成したサンプルプログラムの構成は以下の通り。
サンプルプログラムの構成
なお、上記の赤枠は、前提条件のプログラムから追加/変更したプログラムである。

JavaScriptのコード内容は以下の通りで、ボタンが押されたときにウィンドウを開く処理をアロー関数で記載している。



また、初期表示画面の内容は以下の通りで、ボタンのid属性を追加し、ボタンが押された時の処理(onclick属性)を削除している。

その他のソースコード内容は、以下のサイトを参照のこと。
https://github.com/purin-it/java/tree/master/spring-boot-js-openwindow-arrow/demo



サンプルプログラムの実行結果

サンプルプログラムの実行結果は、前提条件の下記記事と同じ結果となる。

Spring Bootでのウィンドウを開く処理をJavaScriptで実施してみたウィンドウを開く処理は、GETリクエスト・POSTリクエストのどちらであっても、JavaScriptで実装できる。今回は、GETリクエス...

要点まとめ

  • アロー関数は、ES2015(ES6)から利用可能になった新しいJavaScriptの構文の一つで、関数をシンプルに記述することができる。