SSAS

キューブ(SQL Server Analysis Servicesプロジェクト内)の権限設定を行った(4)

今回も、ログインユーザーによって表示できる権限を変更する過程について述べる。
権限設定自体は、前回のブログまでで完了しており、今回は動作確認方法とその結果について述べる。

前提条件

下記記事の、SQL Server Analysis Server及びキューブの権限設定が終わっていること。

キューブ(SQL Server Analysis Servicesプロジェクト内)の権限設定を行った(3)今回も、ログインユーザーによって表示できる権限を変更する過程について述べる。 今回は、SQL Server Analysis Serv...

さらに、SQL Server Analysis Services(SSAS)プロジェクトをデプロイしていないSQL Server搭載済仮想マシンに、動作確認を行うためのSQL Server Data Tools(SSDT)をインストール済であること。

やってみたこと

  1. test_cubeユーザーでのログイン確認
  2. test_sqlserverユーザーでのログイン確認

 

test_cubeユーザーでのログイン確認

test_cubeドメインユーザーでログインし、キューブを参照すると、参照権限を設定した通り、SSASCube1は参照でき、SSASCube2は参照できない。その確認手順は以下の通り。

1) SQL Server Analysis Services(SSAS)プロジェクトをデプロイしていないSQL Server搭載済仮想マシンに、test_cubeドメインユーザーでログイン
test_cube_ログイン1

2) SQL Server Data Tools(SSDT)を起動し、ファイル(File)メニュー⇒開く(Open)⇒Analysis Servicesデータベース(Analysis Services Database)の順に指定
test_cube_ログイン2

3) SQL Server Analysis Services(SSAS)プロジェクトをデプロイ済の仮想マシンのIPアドレス(内部IP)、デプロイ済のSSASプロジェクトを選択し、「OK」を押下
test_cubeログイン3

4) Solution ExplorerでSSASプロジェクトを開き、2つのキューブがいずれも参照できることを確認
test_cubeログイン4

5) SSASCube1を選択し、「開く(Open)」ボタンを押下
test_cubeログイン5

6) ブラウザ(Browser)タブを選択し、SSASCube1の中身が参照できることを確認
test_cubeログイン6

7) 同様に、SSASCube2を選択しブラウザタブを開くと、SSASCube2の中身が参照できないことを確認
test_cubeログイン7

test_sqlserverユーザーでのログイン確認

test_sqlserverドメインユーザーでログインし、キューブを参照すると、サーバー管理者権限があるため、SSASCube1、SSASCube2とも参照できる。その確認手順は以下の通り。

1) SQL Server Analysis Services(SSAS)プロジェクトをデプロイしていないSQL Server搭載済仮想マシンに、test_sqlserverドメインユーザーでログイン
test_sqlserver_ログイン1
以下、キューブの参照手順は、「test_cubeユーザーでのログイン確認」で記載した通りとなる。

2) SSASCube1をブラウザタブで参照すると、中身が参照できる
test_sqlserver_ログイン2

3) SSASCube2をブラウザタブで参照した場合も、中身が参照できる
test_sqlserver_ログイン3