DB

MongoDBをCompassというGUIツールで操作してみた

下記記事にて、「Mongo Shell」を利用したMongoDBの操作を実行していた。

MongoDBをMongo Shellで操作してみた今回は、コマンドラインでMongoDBを操作できる「Mongo Shell」を使用して、MongoDBへのDB追加、コレクション追加、デ...

今回は、上記記事と同じ操作を、CompassというGUIツールを使って実行してみたので、その内容を共有する。

前提条件

下記記事のMongoDBのインストールが完了していること。

MongoDBをインストールしてみたMongoDBとは、NoSQLと呼ばれるデータベースに分類されるもので、「ドキュメント」と呼ばれる構造的データをJSONライクな形式で表...



やってみたこと

  1. MongoDB Compassの起動/終了
  2. MongoDBへのDB・コレクション追加
  3. MongoDBのコレクションへのデータ追加
  4. MongoDBのコレクションのデータ確認
  5. MongoDBのコレクションのデータ更新
  6. MongoDBのコレクションのデータ削除
  7. 接続先を指定したMongoDBへの接続

MongoDB Compassの起動/終了

MongoDB Compassの起動/終了は、以下の手順で実施する。

1) Windowsのスタートメニューから「MongoDB Compass Community」を選択
MongoCompassの開始_1

2) 下記ダイアログが表示された場合は、チェックボックスのチェックを任意に設定し、「Start Using Compass」ボタンを押下
MongoCompassの開始_2

3) 下記画面が表示されることを確認
MongoCompassの開始_3

4) 終了するには、右上の「×」ボタンを押下
MongoCompassの開始_4



MongoDBへのDB・コレクション追加

MongoDBへのDBとコレクションの追加は、以下の手順で実施する。

1) MongoDB Compassを起動し、下記画面の「CONNECT」ボタンを押下
Mongoデータベースの追加_1

2) データベースの一覧が表示されるので、「CREATE DATABASE」ボタンを押下
Mongoデータベースの追加_2

3) 以下のように、データベース名・コレクション名を入力し、「CREATE DATABASE」ボタンを押下
Mongoデータベースの追加_3

4) 作成したデータベース「test」が一覧に表示されることが確認できるので、一覧の「test」リンクを押下
Mongoデータベースの追加_4

5) コレクションの一覧が表示され、作成したコレクション「user_data」が確認できる
Mongoデータベースの追加_5



フリーランスエンジニアのエージェントは就業中でも無料で登録できるITエンジニアには、フリーランスという働き方がある。フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のこ...

MongoDBのコレクションへのデータ追加

MongoDBのコレクションへのデータの追加は、以下の手順で実施する。

1) コレクションの一覧で、コレクション「user_data」リンクを押下
MongoDB_データ追加_1

2) 「ADD DATA」ボタンから「Insert Document」を選択
MongoDB_データ追加_2

3) データ追加用項目を追加するため、下記赤枠を押下
MongoDB_データ追加_3

4) 以下のように、追加するカラム名・カラム値を設定していく
MongoDB_データ追加_4_1

MongoDB_データ追加_4_2

5) 必要な行追加を行った段階で、name, memoの文字列が一部しか表示されないので「{}」を押下して中身を確認
MongoDB_データ追加_5

6) 「INSERT」ボタンを押下
MongoDB_データ追加_6

7) コレクションに追加したデータが表示されることが確認できる
MongoDB_データ追加_7

8) 2つ目のデータ追加を行うために、「Clone Document」を押下
MongoDB_データ追加_8

9) データを編集後、「INSERT」ボタンを押下
MongoDB_データ追加_9

10) コレクションに追加した2つ目のデータが表示されることを確認
MongoDB_データ追加_10

11) 同様に、3つ目の「テスト プリン3」という名前のデータを追加した後のデータ表示内容は、以下の通り
MongoDB_データ追加_11



MongoDBのコレクションのデータ確認

MongoDBのコレクションのデータを条件指定検索するには、以下のように、FILTER欄に検索条件をJSON形式で指定して、「FIND」ボタンを押下する。

1) FILTER欄に「id=1」という意味の検索条件を指定し、「FIND」ボタンを押下
MongoDB_データ表示_1

2) 以下のように、「id=1」であるデータが表示される
MongoDB_データ表示_2

3) 同様に、FILTER欄に「name=’テスト プリン’, birth_year=2012」という意味の検索条件を指定し、「FIND」ボタンを押下した場合も、同じように検索される
MongoDB_データ表示_3

4) FILTER欄の検索条件をクリアするには、以下のように「RESET」ボタンを押下
MongoDB_データ表示_4_1

MongoDB_データ表示_4_2



MongoDBのコレクションのデータ更新

MongoDBのコレクションのデータを更新するには、以下の手順で実施する。

1) 更新したいデータの「Edit Document」ボタンを押下
MongoDB_データ更新_1

2) データを変更後、「UPDATE」ボタンを押下
MongoDB_データ更新_2

3) 以下のように、コレクションの一覧データが更新されたことが確認できる
MongoDB_データ更新_3



MongoDBのコレクションのデータ削除

MongoDBのコレクションのデータを1件削除するには、以下の手順で実施する。

1) 1件データを削除するには、削除したいデータの「Delete Document」ボタンを押下
MongoDB_データ削除_1

2) 「Delete」ボタンを押下
MongoDB_データ削除_2

3) コレクションのデータ一覧が表示され、指定したデータが削除されることが確認できる
MongoDB_データ削除_3

また、コレクション全体のデータを削除するには、以下の手順で実施する。

4) コレクションの「×」ボタンを押下
MongoDB_データ削除_4

5) データベース「test」を選択
MongoDB_データ削除_5

6) コレクション「user_data」の削除ボタンを押下
MongoDB_データ削除_6

7) 削除するコレクション名を指定し、「DROP COLLECTION」ボタンを押下
MongoDB_データ削除_7

8) user_dataコレクションが削除され、空になったデータベース「test」も削除されることが確認できる
MongoDB_データ削除_8



接続先を指定したMongoDBへの接続

Mongo DBに接続するには、接続先も指定して接続することもできる。その手順は以下の通り。

1) MongoDB Compassを起動し、「Fill in connection fields individually」リンクを押下
MongoDBへの接続_1

2) 下記接続先を指定する画面が表示されることが確認できる
MongoDBへの接続_2

3)「Authentication」で「Username / Password」を選択すると、以下のように、ユーザー名・パスワード・認証後の接続先データベースの入力先が表示される
MongoDBへの接続_3

4) 今回は認証設定をしていないMongo DBに接続するため、以下のように入力し、「CONNECT」ボタンを押下
MongoDBへの接続_4

5) 以下のように、指定したMongo DBの接続先に接続でき、データベース一覧が表示されることが確認できる
MongoDBへの接続_5

要点まとめ

  • MongoDB Compassを利用すると、GUIベースでMongoDBを操作できる。