設計・テスト

検索条件(正常系)のテストケースをマトリックス形式で作成してみた

テストケースは、テストを行うための確認観点・テスト条件・想定結果を記載したもので、ソフトウェアに品質を担保できるよう必要な観点を全て網羅すると共に、誰が読んでも分かりやすく明確な表現で記載する必要がある。

今回は、検索条件を入力し検索する画面の、検索条件(正常系)のテストを行うためのテストケースをマトリックス形式で作成してみたので、その作成したテストケースのサンプルを共有する。

なお、良いテストケース(テスト仕様書)の書き方については、以下のサイトに詳しく記載されているので、合わせて参照のこと。
https://qangaroo.jp/info/test-case-specification

テストケースの作成対象

テストケースの作成対象となる記事は、以下のサイトを参照のこと。

Spring BootのWEB画面上でデータ検索機能を追加してみた(完成イメージと前提条件)今回は、Spring BootのWEB画面上でデータ検索機能を追加してみたので、そのサンプルプログラムを共有する。 検索機能を行う...
Spring BootのWEB画面上でデータ検索機能を追加してみた(ソースコード編)今回も引き続き、Spring BootのWEB画面上でデータ検索機能を追加した実装について述べる。ここでは、具体的なサンプルプログラムの...

上記記事に記載の通り、テストケースの作成対象となるユーザー検索画面・ユーザー検索結果一覧画面のレイアウトは以下の通り。

●ユーザー検索画面(search.html)
検索画面

●ユーザー検索結果一覧画面(list.html)
検索結果一覧画面

また、ユーザーデータ(USER_DATA)テーブルのデータ例は、以下の通り。
ユーザーデータテーブル



「CODE×CODE」は、需要の高い技術(AWS, Python等)を習得できるプログラミングスクールスクールだった近年、さまざまな会社でクラウド(特にIaaSやPaaSのパブリッククラウド)の需要が非常に高まっていて、クラウドサービスによるシステム開...

作成したテストケース

作成した検索条件(正常系)のテストケースは、以下の通り。
テストケース全体

上記テストケースは、以下のサイトの「テストケースサンプル.xlsx」からダウンロード可能になっている。
https://github.com/purin-it/test-case/tree/master/test-case-matrix-search-normal

「確認観点」は、どんなテストを実施するか見通せるよう、簡潔に記載している。
テストケース観点

「テスト条件」は、テストを実施するために必要となる「データベースの状態」と「画面操作の内容」を記載している。なお、「データベースの状態」は、以下の点に留意して記載している。

  • 検索条件にヒットするデータとヒットしないデータの両方を検証するようにする。
  • 範囲検索を行う場合は、境界値の検証を行うようにする。
  • 対象となるテーブル名を明確に記載する。
  • テストしやすくするよう、「Y」の数は最小限にする。
テストケース条件

「想定結果」は、テストを実施した結果、想定される結果を記載している。その他、テスト結果を記載する欄も追加している。
テストケース結果

要点まとめ

  • テストケースは、テストを行うための確認観点・テスト条件・想定結果を記載したもので、必要な観点を全て網羅すると共に、誰が読んでも分かりやすく明確な表現で記載する必要がある。